動画の逆SEO対策とは、Google(グーグル)やYahoo(ヤフー)の動画検索において、誹謗中傷の動画の順位を引き下げる対策です。 動画による中傷はインパクトが大きいです。 Youtube(ユーチューブ)やニコニコ動画、デイリーモーションなど動画サイトのナガティブな投稿が削除できない場合は、逆SEO(リバースSEO)で対応しましょう。

動画と誹謗中傷対策

個人にとっても企業にとっても、動画は大きな風評被害の元凶になる恐れがあります。Youtubeなどの動画サイトで誹謗中傷の動画をアップされたら、名前検索や社名検索をしたときにその動画が上位に表示されてしまう可能性が高いです。 動画は目立つためクリックされやすく、文字よりも大きなインパクトがあります。誹謗中傷のダメージは通常のサイトよりもはるかに大きくなり得ます。レピュテーションマネジメントを考えるうえでも、動画は欠かせない要素です。

動画による逆SEO

動画で誹謗中傷された場合、動画サイトを管理する会社に通報し、動画を削除してもらうのがベストです。しかし、それができない場合は、検索順位を下げていくしかありません。それが、動画版の逆SEOです。

まずは動画をつくる

動画検索SEOや逆SEOを行ううえでの第一歩は、動画をつくることです。 スピードを重視するならば、必ずしも手の込んだものである必要はありません。 既存の画像を有効に活用しながら、会社の理念や概要を伝えるような動画をまずはアップしましょう。

重要なのは説明文

動画検索においては、動画の説明文の文章が重要になります。 Googleの動画検索のアルゴリズムをふまえた文章を作成する必要があります。

逆SEOの問い合わせ

動画SEO対策(動画検索対策)

ネット社会における企業のプロモーションや広報活動で最も重要な施策の一つが、「動画SEO」(動画検索対策)です。ネットの情報の中心が、文字から動画にシフトするなかで、消費者に動画で視覚的に自社をアピールできるかどうかが、業績を大きく左右します。

動画SEOとは

動画SEO対策とは、GoogleやYahooなどの通常検索(WEB検索)や動画検索において、自社のPRにつながる動画を検索上位に表示させることです。 あるいは、Youtubeなどの動画サイト内の検索で、動画を優先的に表示させる取り組みです。

Youtubeを活用

動画SEOでは、Youtubeやデイリーモーション、ニコニコ動画などの動画サイトを上手に活用し、検索サイトで上位に表示させていきます。 優れた動画を検索上位にランク入りさせることで、視覚的なプロモーション効果を狙います。

大きな効果

動画ほどインパクトのあるメディアはありません。動画は消費者の感性に強く訴えることができます。その効果の高さは通常のWEBページの数十倍とも言われており、やり方次第で絶大な宣伝効果を生むことができます。

SEOを意識した投稿を

ただし、その動画がYoutube内の検索や動画検索で検索上位に表示されなければ視聴してもらうことができません。SEOを意識した動画投稿を行う必要があります。

逆SEOの問い合わせ